ELEKIT

新型コロナウイルス感染症
(COVID-19)に伴う対応

2003年 エレキット工作教室 ~P!MOT工作&プログラミング教室~

イベント

プログラマブルロボットP!MOTを使った工作教室を開催しました。2回に分けて行いましたが、まず第1回は組み立てとプログラミングの基礎を勉強しました。

 P!MOTの組み立ては基板が組み立て済みですので、他のロボットキットと比べてもそう難しくありません。組み立ての際のポイントとしては、

●ギアボックス組み立て時にきちんとグリスを塗って組み立てる。
●基板上の部品が静電気の影響で破損する可能性があるので、むやみに触らない。
●メイン基板を取り付ける際、モータ用端子がモータの端子にきちんと接触させる。

この辺りに気をつけて、頑張って組み立てよう!

 
 
 
組み立てが終わったら、いよいよプログラミングの勉強です。
ちょっと難しいかもしれないけど、がんばろう!
  まずは「プログラミングって何?」ということから勉強します。
  みんな先生の講義を静かに聴いています。ちょっと難しかったかな?
 
ロボットを制御(=プログラミング)することはどんなことなのか理解してもらうために、一人にロボット役として目隠しをしてもらい、もう一人の命令にしたがって動いてもらいました。
ロボットはどのように動けばいいのか命令してあげないと、自分で考えては動けないのです。
  例題を元に問題を解いてみます。
まずフローチャートを書いてみましょう。
  フローチャートを元にプログラムができたら、そのプログラムを実際にP!MOTに入力して思い通りに動くか体験させます。
  翌月はP!MOTを使ったゲーム大会を行いますので、そのルールを説明しています。今日勉強したプログラミングをしっかりマスターできれば、P!MOTを思い通りに動かせるようになるよ。

今回は工作だけでなくプログラミングの勉強もあり、内容的には難しい部分もありましたが、ロボットを動かすことを学んでいただけたように思います。さぁ次回はP!MOTを使ったゲーム大会です。今日学んだことをしっかり復習して、楽しいゲーム大会にしましょう。

 

P!MOTゲーム大会の様子はこちら

関連商品一覧

ニュース カテゴリ